2010年05月12日

塗装の前の下地調整

100512-01.jpg
 
概ね、ボディーの整形が出来ました。

しかしネックの形状を整えるのって難しいですね。
手持ちのソプラノの、持ちやすいと思うネックを隣に置いて眺めつつ、触りつつ、真似しながら形状を整えました。

だって、それ以外に手本がないもの。
 
で、ようやく『この辺かな』と言うところまできたので、それで良しとして、、、、、塗装前の下地調整に入りました。

100512-02.jpg

この工程がまた、また、単純作業で飽きるのです。
だって、荒削りでついた地肌の傷が見えなくなるまで(スベスベになるまで)ひたすらサンドペーパーで磨き上げなくてはならないから。
 
150番、200番、300番、400番、600番、800番(まぁ、こんなに几帳面にはやらないと思うけど...笑)と順次細かなサンドペーパーで木肌についた傷を磨いて行くのですから、、、疲れますよ〜。
 
こういう作業は、ねぇ、、、、専門のベルトサンダーとか曲面サンダーとかあれば楽なのですけどね。。。
まぁ、仕方ないですね、素人作業ですから。 工具にお金をかけないなら地道に苦労をするしかないかぁ(爆)
 
塗装の仕上がりに直結する工程なので、ハッキリ言って、ここ一番大事なので!頑張りましょう。
 
あぁ、この磨きをしてから砥の粉を塗るともう一度スベスベに磨かないといけないんだなぁ...
ブリッジの加工も(このキットのブリッジは弦高が高すぎるらしいです)調整しなければならない様だし、、、(ああ、面倒だぁ...)
 
posted by lelelenole at 09:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ウクレレキット製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

ウクレレの形になってきた

昨年買ったまま、放置プレイだったウクレレ製作キット
 
気候が良くなってきて、ウクレレの季節が始まってきましたので(笑)、製作を再開しています。
 
GW中にボディー(箱の部分)を製作してから、この週末はネックの整形と接着、指板(フィンガーボード)の接着まで進みました。

100510-01.jpg

すでにウクレレの形になっています。

この状態になると、早く完成させてやりたいなと思うのですが、、、、実はこの後(塗装、ペグやブリッジ、ナットなどの取り付け)などの方が大変なのです(笑)
 
なんと言っても塗装工程は、一番手間がかかりますし、それらしく(仕上げの良い、楽器らしい...)仕上げるのには作業の丁寧さと時間が勝負です。 あっ、もちろん専用の工具とかあれば、少しは手間も解消するけど。。。
 
100510-02.jpg

専門工具とか持ってないし、高いし(爆)

なので、素人の作業としては智慧と手間をかける事で、、、、専門工具のない部分を穴埋めしないと行けません。(ちょっと悲しいけど...)
 
しかし、木工工作で精度を出すのは本当に難しいですね。

やっぱり、専用の工作台や工具が無いとそのあたりは無理ですね。
今回もあちこちに荒が出てしまい、それを補正しながら進んできたわけですけど、ひとつの荒(失敗)は次の荒を生み出しますね(悲)
 
ま、今回はあまり力を入れずに、力を抜いた感じで進めます(爆)
 
とりあえず、ボディーの工作は終了して、次は塗装工程です。
 
サウンドホールからは、意図したとおりにオリジナルロゴマークが良い感じで見えています。 三日月とロゴの意味は、、、、
Konase ...”輝く月”
Me ke aloha pumehana....”心から愛を込めて”

としました(笑)
 
posted by lelelenole at 09:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ウクレレキット製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

ボディ組立てまで終了

100507-01.jpg
 
連休中に全音ウクレレキットのボディー造りまで進行した。

とりあえず箱=ボディー部分まで出来たのだが、出来た箱をしげしげと眺めていたら...?!
 
あれぇ、え、え、え、、、、

バック板の力木の位置が通常のウクレレと場所が違うじゃないの???!

右のウクレレはストリアス・マホ12ですが、、、背面の力木はサウンドホール直下というかくびれ部分にありますよね。 まぁ、大体の市販ウクレレもこのあたりに力木があります。

でも、全音のキットではサウンドホールの上方に鉛筆で線が引かれていました(ここに張りなさいって!)、なので、正直者の自分はその通り変則な位置に張ってしまいましたよぉ、お、お、お、、、、。
 
大丈夫なのかなぁ、、、なんか間が抜けた位置のような気がする。
ほとんど背面上部の力木の位置は、バック板の肩口です。 結果バック板はサウンドホールのちょうど裏側部分が広く空いています。 単板としての面積が広いですよね。 これって、無理矢理板の響きを促すいとなのかなぁ....。
 
まぁ、いいかぁ、あ、あ、あ、あ、、、最初の1台だし(爆)
 
100507-02.jpg
 
で、なんとかボディーはそれとなく出来ました。結構板が厚いですね。板厚みは約2mm程あります。
まだ塗装前の仕上げ磨きはしてませんけど。仕上げのために磨くと少しは薄くなるでしょうか。そのあたりは追々考える事にします。

とりあえず、次はネックの整形をしなければなりません。 荒削りは済んでいますが、自動ルーターでは整形しきれない様な部分が未完成で残されています。 (ネックのなだらかな部分がなだらかでない)

そのあたり、かなり微妙で難しそうですが、、、、何となくやっつけましょうかね(爆)
 
posted by lelelenole at 14:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ウクレレキット製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

ボディーの工作

20100504-01.jpg
 
そろそろ工作を再開しないと、このまま物置のゴミになってしまいそうなので、、、、ウクレレキットの製作を再開しました。
再開といっても、また放置プレイになるかもしれませんが(爆)
 
連休なので、ようやく意を決して再開、、、、。 ボディーを作ってしまわないとその後の、比較的好きな塗装の段階へ行けないので、仕方なく、、、(笑)
 
木工工作は奥が深く、日曜大工ならまだしも、年に数回しか製作しない人間はいつまで経っても万年初心者のままです。 今回は普通の木工ボンドではなく、膠も面倒なので、『タイトボンド』でお手軽にやっつけてしまおうというルーズな工作。
 
ボディーのバックの厚みは、一応ネックよりを4〜5mmほどシャローに加工しました。 それとわずかにバック面をラウンドに仕上げたく思い、力木とサイドをラウンドになるべく削ってみましたが、はたして成果は如何に(爆)
 
昨年デザインしておいたオリジナルロゴをプリントして、ボディー内側へ張りました。
この辺の説明は、また後日にでも、、、、、。
 
20100504-02.jpg

とりあえず、今日の夕方までにトップ板の力木を調整(オリジナルな割り箸のような無骨なものを市販品のような滑らかな形に削る)して、これまでに自分で経験してきたウクレレの‘鳴り‘に好結果を生み出すのではないかと思えることはやってみたつもりです。

しかし、アップで見ると不要なボンドのはみ出しとかそのままにしてしまったので、みすぼらしいですね。 ま、ボディーは閉じてしまえばほとんど中身を見ることはないので、、、気にしないことにしましょうか(爆)
 
来週は、時間があればネックの荒削りとか、ネック取り付けダボ穴(オリジナルの穴はセンターではなかったので埋め戻してある)の加工やらを行いたいと思います。
 
20100504-03.jpgそうそう、キットのパーツのペグだけはどうにもおもちゃなので、、、グロバーのギアペグが安いので取り寄せることにしました。
やっぱりギアペグの方がチューニングが楽ですから、、、、ね。

だって、素人工作ですから、ボディーの精度は??ですから、せめてチューナーくらいは精度があるものにしないとね、、、、、!
キットについてきたオールプラ製のペグは使えるような代物ではないです。こんなペグをセットにするならペグは別売で、せめてGOTOの一番安いペグを販売してくれたほうがましですね!!
オークションならGOTOのBペグなら千2〜3百円で手に入りますもの。ところであのおもちゃのようなペグはいったいいくらの価値があるのでしょうか?? オークションで800円で売っている人がいましたけど、、、、絶対に買わないほうがいいですよ(爆)
 
 
 
posted by lelelenole at 20:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ウクレレキット製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

心機一転

100430-01.jpg
 
すっかり、ご無沙汰のブログ、、、ほとんど放置プレイ状態です。
すみません(笑)
 
ネタがないモノで、、、、、。
 
市販のウクレレ探しも一気にクールダウンしてしまったので、今はカスタムウクレレやオーダーウクレレしか興味が無いのですが、、、、新しいウクレレをオーダーする余裕もないので、自分でやりますか?(爆)
 
昨年買ったまま、キットのベンディングカーブがいまいちなので、ベンディングアイロンを自作しようと息巻いていたのです。 で、その道具も揃えてあるのですが、そこからの再開ですと遠すぎるので、『ええいっ、カーブはっこのままほっとこ!』と決めて(爆)、本体の工作へ入っちゃいます。

昨年、ネックの接着ホール調整、サイドの補強リブまで接着したのですが、そのまま止まっています。
 
連休中にボディーがつくれると良いのですが、、、、
 
この2年ほど、ウクレレを色々触ってきて、力木の工夫でこんなにも音色が変わるモノかと感じてきたので、素人なりに力木が大切だなって分っているのですが、なんせ経験値が0ですから、比較するデータがありません。
自分の満足できる工作(工夫)を行うしかないのですね。
 
なので、今回は、その方向でやってしまいましょう。
 
まずは、この連休で、、、トップ、バックへの力木の接着、そしてボディーの完成まで行けるかどうかです。。。。
 
お手本に、マーチンタイプのアストリアスのマホ12をして、これをよく観察しながら進めてみようかなと...。
 
posted by lelelenole at 10:32| Comment(2) | TrackBack(0) | ウクレレキット製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

日本の楽器は可哀想...

100416-001.jpg
 
昨日、今日の天気はまじ4月ですか?!

今夜は関東でも雪が混じるかもとか言ってるし、、、、、。もうすぐGWなんですけど...

先週末とかは20°超えて初夏の様な陽気で、ウクレレ気分も盛り上がりつつあったのに、この寒さじゃその気持ちもしぼんじゃう(笑)

一日の気温差が10度以上だけじゃなく、最高気温や最低気温さえ前日から10°以上も激変する最近の気象、、、やっぱり変でしょ?! この10年の環境変動を見ていたら、こんなこと珍しくナイのかも知れないけど、、、、体力の弱い人やお年寄りにはきついですよね、ほんと困りますね。
 
困ると言えば、人間様だけじゃないですよ、、、、、、。静岡じゃお茶の新芽が冷害で大被害だと言うし、路地野菜だってなんかこの低温の被害で値上がりしてます。

この不況で、、、ただでさえ生活苦しいのに、、、困るんですけど!!!!!  って、誰に叫べばいいのかな?(悲)
 
さて、こんな寒さじゃウクレレ君たちにも良くないですよね。 人のいない寒い部屋に吊るされたまま一日の大半を過ごして、家人が帰ってきてやっと暖まれる(爆) そんな気温や湿気の激変にさらされて、ほんとへそぐらい曲げますよ、ほんとに。 なので、我が家のウクレレ君たちは、気候が安定して湿気も少なめだとすこぶる機嫌良く鳴ってくれますし、こんな寒くて湿気の多い日はもう機嫌が悪いです。
 
もう、寒いのはいいから、早く温かくなってよ!!!  こんなセリフ、もうふた月も前から叫んでるンですけど、、、、。
 
posted by lelelenole at 14:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ウクレレの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

1年4ヶ月

我が家にSD-100が来てから1年4ヶ月あまり、、、、ようやく能力全開になってきてくれたかな...
 
100331-001.jpg
 
先週、ナット下のすき間を簡易修理してから、すこぶる機嫌がよいです。

1弦の1〜3フレットのコモリ音(デッドポイントだと思いこんでましたが)はここが原因だった可能性が高いです。
昨晩などは空気が乾燥していた性もあり、驚く様な鳴りをしてくれました。
 
オールマホなのに、サスティーンも素晴らしく伸びて、『あれ、このウクレレこんなキャらっだったけ?』と思ったりしました(笑)
 
木工製品で画一的な工業製品と違い1台1台が個性の違いを見せる楽器とはいえ、いままではユーザーとして自分の目が届かなかった性で、能力を発揮しにくかったのかなとおもうと、済まない気がしてきました。
 
ようやく春の兆しが顕著になってきましたから、ウクレレを弾いてあげましょう。
寒い季節はもういいや。はやく春本番になって欲しいなぁ....
 
posted by lelelenole at 14:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 紹介・T`s SD-100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

デッドポイント直るかな?

100325-02.jpg
 
桜の咲く前の長雨のような季節が続いてます。

梅雨時にも近いような湿度70パーセント、室温10数度(暖房入れる前)、、、いわゆる高温多湿とは違う、低温多湿(笑)

梅雨時とはどう違うんだろう?

どっちにしても、やはり湿度が高いと響きがにぶる気がするなぁ...

昨夜は、久しぶりに引いたSD-100の1弦の1〜3フレットの音のコモリが再び気になった。
これまでも湿度や(室温も?)環境の変化で(?)デッドポイントであるかのような感じを受けていた。
あれこれ??考えて、じっくりSD-100を点検してみると、これまで見過ごしていたのか、ナットの1弦側にすき間がある事に気がついた!
 
T'sは仕上げがよいとの定評なので(?)先入観化からか、見過ごしていたが、ナットとネックにすき間があるのは良くないだろうと思い、簡易修理(対処療法)してみた。
 
目立たないように、透明のプラ板(0.3mm)の切断面をくさび形(先端を0.1mmくらいに)に削ってからすき間に挿入してみると5mmくらいナット下へ入って行く。 つまりは、それだけのすき間が1弦下にあったってこと。
 
このすき間ふさぎのシムをエナメル系の透明塗料を接着剤代りにしてナット下へ入れた。塗料が乾くまで2,3日弾くのを控えているが、一晩経った今朝すこし弾いてみるとデッドポイントはすこし感じられなくなった気がする(欲目かも...笑)
 
このSD-100も、かなり鳴るようになってきているので、このデッドポイントが解消できればすごくうれしい。
 
posted by lelelenole at 09:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 紹介・T`s SD-100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

ウクレレキットはいかがですか?

ブログをおもいっきり、放置プレイの状態です。すみません。

ウクレレが響く季節だというのに、、、演奏時間も半分くらいに減っています。毎日30分くらいでしょうか?(笑)
また、温かくなれば自然にウクレレを持つ時間も増えると思いますが、、、(爆)

さて、ウクレレキットもすっかり止まっています。
そろそろ再開しようかな。季節も良くなってくるし....。

オークションでウクレレキットを見ていると、同じ製品でも写真を自分で撮り直して雰囲気のあるイメージで紹介してるところは良いですね。
写真を見ているだけで、ポチっとしてしまいそうになります(笑)

100304-10.jpg
これなんか、どうです?

もうボディーは箱になっていますから、簡単そうですよ?!
http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v137597721
 
100304-11.jpg
こちらは、自分が作りかけているのと同じキットかなぁ...

オール単板ですから、音は良く鳴るはずなんですけどねぇ...(爆)
http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v137597741
 
100304-12.jpg
こちらはテナーウクレレのキットです。

大きそうですね...、製作も本格的なスペースが必要ですね。
http://page21.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j75625657

市販ウクレレに飽きたひとは、ウクレレキットで世界にただひとつのウクレレ製作に浸りきると言うのも手かもしれませんね(爆)
 
棚上げしているキット、開けなきゃ、、、(大爆)
 
posted by lelelenole at 12:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ウクレレの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

セブン初体験

100216-03.jpg
 
先月、Windows7搭載機を買いました。

仕事用の使い切りタイプの b-mobile が期限切れになっていたので、これまではづっと延長していましたが、今話題のE-mobile に乗り換えました。 そのわけは、パソコンが大幅割引になるから(笑)

E-mobileに加入すると、パソコンが4万円引きだって! なんか昔の携帯電話みたい...

その誘いに乗って、液晶画面が広いタイプのネットノート(ネットブックは1024×600ピクセル程度)を2万円でお釣りが来る程度で買えました。 64bit Windows7搭載機です。

ん〜、何が新しいのか試してみたくなって、、、、

100216-05.jpgで、触りましたが、特に何が新しくなったのか分りませんでした(爆)
Vista をベースに改良された7はほとんどVistaです(笑) 好きじゃなかったけど食わず嫌いしないでVistaにも細々とお付き合いしてきたので、7にも違和感なくお付き合い開始。

で年末に2年間買ったまま使っていたレッツノートR7(Vista SP2)のHDDを7200回転モノに交換してあったので、あたらしいネットノートとレスポンスを比較してみました。
 
買ったばかりでほとんど追加のアプリが入れていない事もあるけど、7の起動は速いですね。2分かからない。 Vistaの方は、スタートアップを切り詰めてあるけど、それでも4分弱かかります。 7の起動時間はVistaの約半分ですね。
 
ユーザーインターフェイスは、ますます宿敵OS Xに似てきましたが、Mac のOSデザインはやっぱりそれでも先を行っていますね。”似て非なるモノ”って感じでしょうか。Macを20年近く使っている者として、7もOSXに似てきて、どちらも感覚的にますます近づいてきました。
本当はWinもMacも意識しないで、シームレスにPCとして使用できた方が消費者は幸せなんだと思います。

Windows7は、それなりに進化してます。XPよりもさらに初心者がPCに取り付きやすくなっているのでしょう。 Vistaの販売時よりはるかに顧客の動きがよいようですね。

100216-04.jpgさて、今回鞍替えした通信用端末です。
左がこれまで使った b-mobile で、右は新しい E-mobile です。

ほとんど変わりませんね。

通信速度がやや新しいE-mobile の方が早いようです。
本当はこの端末がPCに内蔵されている方が楽ちんなのですが、まだまだ技術の進化途中であるのと、提供側の勢力図の変遷がありそうなので、後付で対応しています。
 
まぁ、間違いなく、、、近いうちにSDカードを指すような通信カードスロットが出来るんじゃないですか?
好きな時に好きな通信会社を選べて、使えるような環境になりますね。
 
posted by lelelenole at 10:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。