2010年10月31日

誠実に丁寧に作られた国産ウクレレ・HeadWay

101031-00.jpg
 
以前所有していた、Laukeブランドを製造しているの国産ギターブランドHeadwayがそのブランド名を採用したウクレレが昨年から発売されて、少々気になっていた。

今回友人が安くて個性のあるウクレレがほしいということで、、、このウクレレを入手したの(自分が代理購入したわけ)で、初期調整をしてくれと頼まれてこの週末ちょっと遊ばせてもらうことにしました。
 
Laukeブランドは、素朴でありながらどちらかというと無骨な感じの仕上げに、素材感を大切にした極めて薄い塗装や厚めな深胴から爆鳴りに近い音量を発揮するウクレレでした。 で、このHeadwayブランドのウクレレは、どうかというと....。
 
101031-02.jpg 101031-03.jpg

すごく丁寧に作られているという第一印象。
 
持った瞬間、、、最初に『軽っ!』と感じた。そして木材の面取りやカットなどの基本的な仕上げがものすごく丁寧というか、几帳面にされている。
サウンドホールから確認出来るトップの厚さは、これまでに所有したウクレレの中でもトップクラスの薄さです。
 
101031-04.jpg 101031-06.jpg

おもわず、ノギスでトップ面の厚みを測定してみましたら、1.4mmでした。以前、T'sさんで製造を委託されたキワヤのLunaプロトタイプも極限まで薄い印象を受けましたが、それに近い厚みだと思います。

ボディーの角は、柔らかく面取りをしてありますが、ヘッドは鋭角な角を残した仕上げです。このあたりはHeadwayのギターにも通じた印象でしょうか。ヘッドを見ると非常にシャープな印象なのにボディーまわりは柔らかな印象、、、、ちょっとちぐはぐな感じがしないでもありません(笑)
 
101031-05.jpg
 
 
101031-07.jpgこのモデルも塗装は、必要最小限の感じです。

つや消し塗装自体、塗面の厚みを薄めに仕上げられるようですが、他の国産メーカーのように硬い塗面で均一に仕上げるのではなく、下地処理の上にさっと一塗りみたいに薄い仕上げです。

Laukeウクレレでは、導管が残っているわりに塗装自体はややしっかり乗っている感じがありましたが、このモデルは、それよりもさらに塗装が薄く感じられます。そのあたりも手にした瞬間の軽さに通じているのだと思います。
 
 
101031-08.jpg
 
良い材を選んであるようで、マホガニーのネックにもうっすらトラ目が出ています(笑)
ただし、残念ながらこのモデルのネックは2ピース仕上げです。初期の頃のLaukeウクレレは、ネックは1ピースだったように記憶しています。
 
この極めてまじめに作られたHeadwayウクレレは、その薄く仕上げられた材と仕上げの良さ(?)で、鳴りは良いですね。
Laukeのようにやや暴力的な鳴りの鋭さと言うよりも、、、ややマイルドな暖かみのある響きの鳴りです。 ボディーの形状がLaukeのマーチンタイプと異なって幅広タイプですので、そのあたりの性でしょうか。
 
 いずれにしても、まじめに作られたウクレレだと思います。 でも、このブランドのウクレレも随分乱暴な売られ方をしていますよね。すでに発売から約1年、40%offなどの店も見られます。 なんでHeadwayのウクレレは値崩れとも思えるような売られ方になっちゃうのでしょうね、ファンとしてはちょっと悲しい気もしますね(笑)
 
posted by lelelenole at 15:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 紹介・HEADWAY HUS-100Koa Plus | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。