2008年11月05日

Aria ACU-450にLow-G弦張ったよ

081105-01.jpg
 
LOCO DUK-5TにワースのLow-G弦を張ったら、演奏曲の幅が広がったのに気をよくして、すこし大きいボディーのAria ACU-450には巻き弦(フェイマスのLow-G)を張りました。
 
こちらの弦は、ウクレレに加工することなく(ナイロン製4弦とほぼ同じ太さなので...)張り替えられますね。
 
で、昨日張り始めたら、、、、、
 
ボォ〜ヨォ〜ン、ボォ〜ッン、、、、、、みたいな(笑)
 4弦だけものすごく響き出しちゃって、サスティーンもやたら長いし!
 
ちょっとまて!.....おまえだけそんなに張り切って、どうする!!?
こりゃ、失敗したかぁ?
 
でも、そこは年の功(違うか?)...気を紛らわして、しばらくほったらかした。
半日もしてもう一度チューニングすると、前より落ち着いている。。。
 
 ギターの弦張替えのときもそうでしたね。張り替えた当日は鳴り過ぎて音が美しくない...3日もすると絶好調になるのでしたね。
 すっかり忘れてました〜
 
 さらに、数時間置くと.....おお、いいじゃん!
 
で、今朝だいぶ落ち着いてきたので、「大きな古時計」を弾いてみましたら、すばらしい!
ワースのLow-G弦は、コンサート向きだったのか、ソプラノではやや軽い感じだけど、今度はいい感じです。
一夜たちましたが、それでもまだ4弦はがんばり過ぎの感じもあります。でもあと数日様子を見てみようっと思います。
 
Aria ACU-450はこの夏、40年ぶりのウクレレ再入門の1号機です。可愛がってきたので、なかなか鳴っています。Low-G弦の投入で今度はちょっと大人なウクレレに変身?
 
High-Gのかわいらしいソプラノウクレレも楽しいですが、Low-Gの音域のある表現もなかなか良いですね。
   
posted by lelelenole at 09:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 紹介・Aria ACU-450 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。