2010年07月28日

来た〜!USAレッドカラー

100728-03.jpg
 
予約しておいた、新しいバイシクルがやってきました〜!!!

キャノンデールCAAD9-5(キャドナイン-ファイブ)というアメリカのメーカーの自転車です。真っ赤なアメリカンレッドのフレームに一目惚れでした。 自転車仲間が続けて新しい自転車を購入するのに触発されてしまいました(爆)

世界中の大手の自転車メーカーのフレームがほとんど台湾や中国で製造されている昨今、このフレームは本国のUSAでハンドメイドで製造されていてプレミア付です(笑)

ふつうママチャリは18kg〜20kgくらいはありますが、このバイクはとても軽いです! 完成重量は8.2kg(今週パーツを交換する事で7kg台まで軽量化します!)平地でも軽く40km/hは出てしまいます。

40km/h巡航は貧脚な自分では無理がありますが、30km/h前後で巡航できれば3〜4時間走れば100kmオーバーです。自分の体力とカロリーと酸素消耗だけで他のエネルギーを一切使用せずに、人間ひとりを100km先まで運んでくれるバイシクルは究極のエコ乗り物ですね!

ただしロードバイクに乗って30km/h以上で走っていると、路面から目が離せません。路面の状況を瞬時に判断してハンドリングをしたり路面の凸凹を回避するためのスタンディングポジションをしたり、ある意味スポーツをしているようです(笑)、、、、だから目を離したら大変な事になります(怖)
  
だから、、、、スポーツバイシクルというのでしょうけど...。

それと、日本の交通事情は自転車先進国と言われる、フランス、オランダ、ドイツ、イギリスなどのヨーロッパとは違って劣悪です。 ドライバーの交通法規のルール遵守やマナーはひどい物で、自転車への幅寄せや弱者保護などのマナーを持ち合わせないドライバーのなんと多い事か。 

逆に自転車を運転する人たちのルール違反も目を覆うようなものがたくさんあります。後方や左右を確認しないで自分の都合で道路を横断する高齢者、携帯を使用しながら歩道を我が物顔で逆行する中高校生、一時停止もしないで道路へ飛び出す小学生、、、、、。みんな一歩間違えれば命を落としかねません。
 
そう言う点では、日本人やアジアの人たちはヨーロッパの人たちに大きく遅れをとっていると思います。日本人も昔は道徳心や常識を持ち合わせている人が多かったのでしょうが、、、今では、、、、全然だめ。自民党の谷垣総裁なども自転車が大好きな人らしいですが、自転車などの交通改善をもっと声高に活動して欲しいものです!!!
 

posted by lelelenole at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。