2008年10月14日

指板の研磨...LOCO DUK-5T

交換されてきたDUK-5Tだが、指板の表面に導管がたくさんあり、どう見てもあまり程度の良くない材が使われている。
おなじLOCOブランドでも、下位モデルのDUK-3Tの方が目の締まった良い材だから、楽器づくりはわからない。

もっとも、というより、やっぱり生産や管理が国内ではないという部分もあるのだろうし、エントリーモデルだから材の選出もいわゆるそれなり...なのだと思うが、材のばらつきは極力小さいほうが好ましいなぁ。

ま、3万円程度のウクレレにそれを期待しちゃメーカーがかわいそうなのかもしれないけど、できてるところもあるみたいだから....。

081014-02.jpg

写真は、リンシードオイルを指板に塗り耐水ペーパーでハイフレットを4フレ分(右側から4フレまで)を一度磨き終えた状態。

081014-01.jpgリンシードオイルは、油絵で使用される乾性油で亜麻仁油(あまにゆ)とも呼ばれる。
本来は油絵具のつなぎを良くして画面の保護などに使用されるらしい。ただ、ゆっくり乾き固化して木材の表面強度を上げる効果もあるらしく、ギターの指板の保護・手入れに使用されているギタービルダーの声をよく聞く。

今年の春先に、アコギで試してみていい感じだったので、今回はウクレレの指板にやってみた。

081014-03.jpgハイフレットまで磨き上げた状態。

この状態でもすでにオイルと磨いたローズウッド材の粉が交じり合って、指板の導管の中にしみこみ、表面は平滑になって見えます。

さらに少量のオイルを再添付しながら、2度目の磨きを行いました。この間約30〜40分ほどかな。
リンシードオイルは、つけすぎると木材深くにしみこんで乾燥するまでに時間がかかるそうですが、今回は表面保護だけでなく、導管を埋めて固化する目的もあるのでいたし方ありません。

一般的に、指板の保護ならできるだけ薄くオイルを塗り10分ほどしみこませたらふき取り、乾拭きを30分おきに何度か行い、その後風通りのよいところで1週間ほど乾燥させるとよいと言われてます。

081014-05.jpg今回は結構オイルを含ませてペーパーで練り練しながら磨いてしまいましたから一月くらいは演奏しないほうがよいでしょう。
その間は気長に、ひたすら空弾きや材の乾燥、弦の安定に努めることにします。

写真は、2回の磨きを終えて半日乾燥(強制的に扇風機の風を当てました)させてから、そっと乾拭きして表面に浮いている磨き木粉とオイルをふき取った状態です。
またもとの木目が見えてきましたね。

081014-04.jpg

写真はナット側から滑らかになった指板の状態です。とりあえず穴だらけだった導管がすべて埋まっています。
この状態で仕上がってくれれば、言うことはないのですが、、、、乾燥しても弾いているうちに少しずつ化粧が落ちてくるでしょうかねぇ?

そのあたりも含めて、追跡リポートしたいと思いますよ。

081014-06.jpgさて、問題のペグですが、動きの悪いペグは一度取り外してペグ穴や部品をよく拭き、ごみなどを取り除いておくと、それなりに動くようになります。
GOTOのBペグが装着されていて、動きが悪いなとお思いの人はちょっと調整をやってみてもいいかもしれませんよ。

posted by lelelenole at 08:36| Comment(5) | TrackBack(0) | 紹介・LOCO DUK-5T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人さんお久し振りです。^^;

前々から『(リンシード)OILフイニッシュ処理』された此方の指板の落ち着いた黒光りには非常に憧れておりました。
処で、耐水ペーパーは何番位をお使いになっておられるのでしょうか?
指板にRを付ける訳でもないので、相当細かい番手ではないだろうかとは思いますが。(#1000?#2000?)

自分も画材店に立ち寄ってみた事がありましたが、『リンシードOIL』にも多数種類があり、結局その場で決められませんでした。その代わりと言っては何ですが、『亜麻仁油』は購入準備済みです。只、粘度を下げる為テレビン油か何かで薄めないといけないかもしれません。^^;


Posted by キャプテン☆カーク at 2013年03月13日 21:33
キャプテン☆カーク さん
お久しぶりです。
ようやく暖かな日も出てきて、ウクレレも弾きたくなることですね(笑)

さてお尋ねの件。
僕の場合は、この個体の指板がやや荒れていたこともあって。600番でならしました。600番でも油と一緒の使用ですので適度になめらかになります。

で、仕上げは1000番か1200番でしたね。
頻繁に弾く個体で、ローフレット部分が荒れてきたような時は2年に一度くらい1200番あたりでもう一度油磨きします。

これをやっておくと、まるでローズウッドの指板がエボニーのような深い色目になりますね。

使用するオイルは、酸化して年々少しづつ固くなるような気がしますが、新品で買ってきたオイルならそのまま使用して平気でしょう。
食用オイルと同じくらいの粘度なら問題ありません。
溶剤等で薄めると、乾燥期間がそれだけ延びてしまいます。

長期保存して明らかに購入時より固くなってしまった時は薄めてもよいかも。
Posted by mimu at 2013年03月14日 08:16
管理人さん、指板の『OILフイニッシュ』に関する詳細をご指導頂きありがとう御座います!

後フレットに傷を着けない為に『当木』は何か工夫されておられますでしょうか? (自分では角材の端材か割り箸を流用してみようかと思案中ですが^^;)

仕上り具合は写真でも非常に美しく見えますが、実物は恐らくそれ以上かと思います!^^;
まずはARIA 中古『AU-250』の方で試した上で、最終的には上位機種『ACU-450』にも施す予定です。
(当初LOCOが気に入っておりネットでB品を購入直前まで行ってましたが,寸での処で思い止まり,縁有ってARIA勢に決めました)

現在我家では「弾けない(調整修理・製作中)UKE台数」>「弾けるUKE台数」となってしまっており、計画的に進めませんと演奏練習が一切出来なくなってしまいますので。(^^ゞ

今後ともブログを参考にさせて頂き、勉強させて頂きたいと思います!末永くご継続の程をお願い致します! 
Posted by キャプテン☆カーク at 2013年03月19日 00:57
キャプテン☆カークさん
 フレットを傷つけないで磨くコツは、使用する耐水ペーパーをフレットの幅に合わせて予めカットしておくことです。

 フレットの幅×長さはネック幅の2倍くらいの長さに切ったペーパーを2つ折りにして、人差し指と親指で保持しながらフレットに平行に指板面をオイル磨きします。

 オイルの適度なすべりと、2つ折りにしたペーパーがガードになって、誤ってフレットの上をこすることはあまりないです。

 自分の場合は、一番幅の狭いハイフレットからはじめます。ハイフレット幅ギリギリに切ったペーパーであれば、まず外れません(笑)
 段々フレット幅が広くなりますから、ペーパーの幅を3,4種類くらい用意しておけば何とかなります。

 フレットをハイ側からローへ行くに従って要領も憶えますから、作業ははかどりますよ。
 そして磨き上げた指板面は全体が終了したら、紙粉が出にくいティッシュ(最適なのは木綿の下着などの不要布)で軽くなぞるくらい拭きます。この時決して強く拭かない。

 磨き上げて、オイルと木分が混じった(赤茶色の)ペーストをゴミと思って強く拭き取ると、せっかく導管に詰まってなめらかになった部分まで取り去ってしまいます。

 ネックの左右にはみ出た磨き残しだけ拭き取って4日〜7日くらい放置します。表面がうっすら乾きはじめたら、再度軽く拭いても良いでしょう。

 10日くらいから演奏しても良いですが、2,3週間ほっておくと指板面がしっとりします。

 乾燥が遅い梅雨時は避けて空気の乾燥した時期にやると良いです。
 では、上手く行くように!
Posted by mimu at 2013年03月19日 08:32
管理人さんこんばんわ!

>フレットを傷つけないで磨くコツは、使用する耐水ペーパーをフレットの幅に合わせて予めカットしておくことです。
・・・なんと、目から鱗が落ちる思いです!(当方は半魚人では有りません!^^;)

>自分の場合は、一番幅の狭いハイフレットからはじめます。ハイフレット幅ギリギリに切ったペーパーであれば、まず外れません(笑)
…うーん、ボディトップと指板の間に保護テープを貼った写真が有りましたが、そう云う事だったのですね!
譜面を渡されて、自分なりに四苦八苦して弾いてみるが悪戦苦闘中。その時講師の先生から・・・
『…其処はDmコードを押えたままで小指でメロディーを載せる!』
『で、次の二弦3Fの所は中指で!そうすればEmが直ぐ押えられます!』と言うようなアドバイスを頂いた様な物かと。(^^ゞ
(基本UKEの運指は自由と言われますが、効率の良い運指を心掛けていないとテンポの速い曲は弾けませんからね!^^;)

『AU-250』ですが、前にレモンOILを付けて小さなペーパータオルで余りにゴシゴシやり過ぎて板面が剥げ気味で少々凸凹になっております。
ですので一旦"黒染"した後、早速アドバイスを元にチャレンジさせて頂きますね!

・・・最低でも4台以上が控えております!

指板OILフイニッシュ助言deやってみまっしょい!・・・です!(笑)

的確且つご丁寧なアドバイス、感謝いたします! m(__)m


Posted by キャプテン☆カーク at 2013年03月21日 21:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108046823
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。