2011年12月13日

ちょっと訳ありのASTURIAS Sop Koa17

ある日のネットサーフィンで見つけたこの子は、好きなウクレレメーカーのアストリアスのコア17です。トップの左半分くらいにうっすらトラ目が出ている恥ずかしがり屋な子でした。

111025-01.jpg


工場で作られてから12年近く経っていて、それでもほとんど弾かれた形跡のない幸せ薄い子でした(笑)
ボディーやネックは手入れをしてあげたら、新品のようになってくれましたが、一番の問題はネックでした。 
 
111025-02.jpg
 
弾かれないでづっとケースに入れられたままで、、、、ネックが少し順ぞりでした。
でも、指板を手入れしてあげればきっと改善すると願いつつ、、、、レモンオイルやユーカリオイルで繰り返し指板を浸透保湿してあげて、ケースで養生させること2ヶ月近く。。。。
 
順ぞりは注意しないと分からないくらいまでに回復してきました。この冬も定期的に保湿してあげれば、来春頃にはもっと矯正できるかな....。やっぱり可愛がってあげれば、だんだん本来の姿に戻るのかな。 

111025-03.jpg
 
90年代のアストリアスのウクレレは、オフセットサドルではないようでした。なので、現在のアストリアスを参考にしながら同じようにオフセットサドルを別に作り装着しました。

指板の保湿と矯正が進むにつれて、鳴りもどんどん良くなってきました。
アストリアスのお気に入りのマホ12の激鳴りまでは追いつけませんが、コア材のカラッとした素材感を持ちながらかなりサスティーンのある高音系のきれいな鳴りをしてくれます。(弦はマーチンフロロに交換しました)
 
111101-01.jpg
 
左がアストリアス・マホ12、右は新人のコア17です。
どちらも作られてから10年以上経過していて、新品のアストリアスよりも色が濃いです。
 
そして、最近のアストリアス製ウクレレと違う点は、ネックが太めだと言うこと。そしてボディーの力木の構成が違います。それらの個性によって、最近のアストリアスとは違って鳴るまでに時間がかかるようです。でも鳴るようになったら、驚くようにボディーが震えつつ鳴ってくれます。
 
ネックが太いのも、また音が太くなるのに関わっているような気がしています。
大好きなアストリアスのウクレレがまたひとつ増えました。
 
posted by lelelenole at 18:36| 紹介・ASTURIAS Sop Koa17 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。