2010年11月01日

コンサートとソプラノ2つのOvation

101101-01.jpg

デフォルトのままでちょっとサドルが高いなと感じていたOvation UCE48の調整をしました。

サドルを外すと、エビゾ素子の下に2種類の厚みのシムが挿入されていました。なので、薄い方のシム(0.3mmくらい)の方を外してみました。 結果は、ソロ弾きにはちょうど良い感じです。ストラミング主体の場合は少し低いかなと感じますが、弾き方で工夫すれば大丈夫かな。。。 あるいは0.1〜0.2mmくらいのシムを入れるとか?(そんな薄いシムあるのか...笑)
 
101101-00.jpg

大体、初期調整を終えたUCE48ですが、オリジナルのナイロン弦でも結構鳴りますね。音質自体はプラスチックボウルをボディにするOvatiion的な、ちょっとギターっぽい響きです。でも、ストラミングすると何となくウクレレらしく、、、なんとも面白い楽器です。

パッシブタイプですが、音量と音質のコントローラーが付いているので、ミニアンプなどでそれなりに遊べます、面白いです。 
 
101101-02.jpg
 
こちらは、もう3年目なのかな? コア合板トップのソプラノタイプのアプローズOvationです。
今年の梅雨を過ぎた後あたりから、結構鳴るようになってきました。 もちろんこれも木材ボディーのウクレレのような広がりのある音質ではありません。 あくまでも部屋弾きでアンプを通さなくてもそれなりに聞こえるという感じです。

オイハタのクリアフロロを張ってありましたが、ちょっと鳴る感じが出てきたので、すこし艶のある音質をもとめてワースブラウン(テナー用)に交換しました。 交換直後は弦の伸びでそれまでのオイハタ弦より音量が一度落ちましたが、2週間ほど経った現在は、以前のように鳴る感じが出てきました。
 
同じような樹脂製のボウル型バックを採用しているコンサートサイズのUCE48に比べてソプラノの方がホールド感が良いです。アプローズOvationならストラップなしでも演奏可能です。 これまであまり鳴らず、醜いアヒルの子状態でしたが、、、、少し愛着が出てきたので、指板を磨いたりお手入れをして上げました(笑)
 
posted by lelelenole at 14:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 紹介・OVATION UCE48 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。