2010年07月28日

来た〜!USAレッドカラー

100728-03.jpg
 
予約しておいた、新しいバイシクルがやってきました〜!!!

キャノンデールCAAD9-5(キャドナイン-ファイブ)というアメリカのメーカーの自転車です。真っ赤なアメリカンレッドのフレームに一目惚れでした。 自転車仲間が続けて新しい自転車を購入するのに触発されてしまいました(爆)

世界中の大手の自転車メーカーのフレームがほとんど台湾や中国で製造されている昨今、このフレームは本国のUSAでハンドメイドで製造されていてプレミア付です(笑)

ふつうママチャリは18kg〜20kgくらいはありますが、このバイクはとても軽いです! 完成重量は8.2kg(今週パーツを交換する事で7kg台まで軽量化します!)平地でも軽く40km/hは出てしまいます。

40km/h巡航は貧脚な自分では無理がありますが、30km/h前後で巡航できれば3〜4時間走れば100kmオーバーです。自分の体力とカロリーと酸素消耗だけで他のエネルギーを一切使用せずに、人間ひとりを100km先まで運んでくれるバイシクルは究極のエコ乗り物ですね!

ただしロードバイクに乗って30km/h以上で走っていると、路面から目が離せません。路面の状況を瞬時に判断してハンドリングをしたり路面の凸凹を回避するためのスタンディングポジションをしたり、ある意味スポーツをしているようです(笑)、、、、だから目を離したら大変な事になります(怖)
  
だから、、、、スポーツバイシクルというのでしょうけど...。

それと、日本の交通事情は自転車先進国と言われる、フランス、オランダ、ドイツ、イギリスなどのヨーロッパとは違って劣悪です。 ドライバーの交通法規のルール遵守やマナーはひどい物で、自転車への幅寄せや弱者保護などのマナーを持ち合わせないドライバーのなんと多い事か。 

逆に自転車を運転する人たちのルール違反も目を覆うようなものがたくさんあります。後方や左右を確認しないで自分の都合で道路を横断する高齢者、携帯を使用しながら歩道を我が物顔で逆行する中高校生、一時停止もしないで道路へ飛び出す小学生、、、、、。みんな一歩間違えれば命を落としかねません。
 
そう言う点では、日本人やアジアの人たちはヨーロッパの人たちに大きく遅れをとっていると思います。日本人も昔は道徳心や常識を持ち合わせている人が多かったのでしょうが、、、今では、、、、全然だめ。自民党の谷垣総裁なども自転車が大好きな人らしいですが、自転車などの交通改善をもっと声高に活動して欲しいものです!!!
 

posted by lelelenole at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

ウクレレと自転車

100721-04.jpg
 
2005年から乗っている自転車です。まぁ昨年末まではほとんど部屋の飾りだったわけですが、自転車仲間を得て昨年末から現在までもっぱら熱中時間は自転車へシフトしているわけであります。
 
10万円ほどの自転車ですが、最近にになってあれやこれやとパーツを交換アップグレードしまして、購入した時から残っているオリジナル部分は青いフレームくらいです。 ほとんどのパーツはお好みの上級パーツへアップグレードしてしまいまして、オリジナルの自転車なら2台半は買えるような投資になってしまいました(笑)
 
ウクレレやギターと違って自転車にとってはフレーム(ウクレレならボディー)は重要度からすると最重要項目ではありません。
ウクレレなら当然良いボディーが一番の要因で、チューナーや弦でほとんど鳴りの善し悪しは決まってしまいそうですよね。
 
自転車の場合は、乗り味の最大の要因はホイール&タイヤのようです。次に変速機などの装備(コンポーネント)で、次にサドルやハンドルなどの身体を直接支える部分。その次あたりがフレームとなります。 なので、フレーム以外のパーツをそっくり変更すれば、ほとんど違う自転車になってしまうわけですね(爆)
 
自分の場合は、自分なりに触ったり、改良したり、変えたり、、、して愉しむ部分が大きいので、自転車趣味はその意味でぴったりですね。
ウクレレは、一番奥が深い調整と言えば弦とのマッチングあたりでそれ以外はあまりいじる部分がありませんので、どうしても飽きると次から次へと台数ばかりが増えてしまう事になります。自転車もこれを含めて4台所有していますが、さすがにそれ以上は増えません。置き場がないからですね(笑)
 
自転車趣味へのシフトで、ウクレレの増殖はぴったり止まり、本当に愛せるウクレレのみ手元に残るようになりました。 そんな一番のウクレレをショルダーに背負って、サイクリングのお供に連れ出しますか。。。。。

は、は、、、口で言うのは簡単なのですが、ソプラノウクレレの大きさでも自転車(サイクリング)の際には大きな荷物です。無理かなぁ...(爆)
 
posted by lelelenole at 15:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ウクレレの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

試奏じゃなくて、試走してみた

100716-01.jpg
 
同じ、、、、シソウ、、、、だけど、今日は試走を楽しんできました。

最近は、ウクレレはかなりクールダウン。
(でも、一時の熱さは通り過ぎたけど、日常のウクレレタイムとしてちゃんと暮らしに溶け込んでいますよ!)

ウクレレの熱中時間から、、、今は自転車熱中時間です!!!
 
2005年から乗っている青いGIOSという自転車をいろいろ改良したりアップグレードして楽しんでいますが、ここに来て自転車仲間が新しいバイク(バイシクル)を購入したのに感化されて、自分も新しいバイクを探しています。

で、見つけたのがこれ! USA製ハンドメイドフレームを使用したCANNONDALE CAAD9-5というバイクです。 本当は装備がこれより上級のCAAD9-1の方が機能は充実しているのですが、こちらのアメリカンレッドの鮮やかなフレームが気に入ってしまいました。

価格もこちらの方がお安いので、一石二鳥かも(笑)
 
今日は、お目当ての自転車店へ行って、梅雨明けのようなカンカン照りの中を汗をかきながら、試走させてもらいました。 今まで乗っているバイクも改良を重ねてかなり機敏な走りをするようになってきているはずですが、、、、このバイクに比べるとかすんじゃいます。 こちらのバイクの方が2,3段くらい上を行く軽快な走りです。車体重量が1.5kgぐらい軽いので、早い、早い!
 
ペダルをこぎ始めると一気に高まる加速感、風を切って走る感じは、まるでサバンナを疾走するピューマ(?)のような感覚です。 大地を走っていますが、なんか鳥になったような気がして滑るように風を切って走れます。。。
 
自転車の爽快感は、全身で風を感じられることですね。 すっかり、この赤いバイクに魅せられてしまいました、、、、ポチっとしてしまいそうです(笑)
 
posted by lelelenole at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。