2010年02月16日

セブン初体験

100216-03.jpg
 
先月、Windows7搭載機を買いました。

仕事用の使い切りタイプの b-mobile が期限切れになっていたので、これまではづっと延長していましたが、今話題のE-mobile に乗り換えました。 そのわけは、パソコンが大幅割引になるから(笑)

E-mobileに加入すると、パソコンが4万円引きだって! なんか昔の携帯電話みたい...

その誘いに乗って、液晶画面が広いタイプのネットノート(ネットブックは1024×600ピクセル程度)を2万円でお釣りが来る程度で買えました。 64bit Windows7搭載機です。

ん〜、何が新しいのか試してみたくなって、、、、

100216-05.jpgで、触りましたが、特に何が新しくなったのか分りませんでした(爆)
Vista をベースに改良された7はほとんどVistaです(笑) 好きじゃなかったけど食わず嫌いしないでVistaにも細々とお付き合いしてきたので、7にも違和感なくお付き合い開始。

で年末に2年間買ったまま使っていたレッツノートR7(Vista SP2)のHDDを7200回転モノに交換してあったので、あたらしいネットノートとレスポンスを比較してみました。
 
買ったばかりでほとんど追加のアプリが入れていない事もあるけど、7の起動は速いですね。2分かからない。 Vistaの方は、スタートアップを切り詰めてあるけど、それでも4分弱かかります。 7の起動時間はVistaの約半分ですね。
 
ユーザーインターフェイスは、ますます宿敵OS Xに似てきましたが、Mac のOSデザインはやっぱりそれでも先を行っていますね。”似て非なるモノ”って感じでしょうか。Macを20年近く使っている者として、7もOSXに似てきて、どちらも感覚的にますます近づいてきました。
本当はWinもMacも意識しないで、シームレスにPCとして使用できた方が消費者は幸せなんだと思います。

Windows7は、それなりに進化してます。XPよりもさらに初心者がPCに取り付きやすくなっているのでしょう。 Vistaの販売時よりはるかに顧客の動きがよいようですね。

100216-04.jpgさて、今回鞍替えした通信用端末です。
左がこれまで使った b-mobile で、右は新しい E-mobile です。

ほとんど変わりませんね。

通信速度がやや新しいE-mobile の方が早いようです。
本当はこの端末がPCに内蔵されている方が楽ちんなのですが、まだまだ技術の進化途中であるのと、提供側の勢力図の変遷がありそうなので、後付で対応しています。
 
まぁ、間違いなく、、、近いうちにSDカードを指すような通信カードスロットが出来るんじゃないですか?
好きな時に好きな通信会社を選べて、使えるような環境になりますね。
 
posted by lelelenole at 10:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

春の風景をつかまえたい!

100210-01.jpg
 
すっかりウクレレ欲しい病は沈静化

欲しい、欲しい病を直す薬は、、、、対処療法。
つまり他の趣味に火を付ける事(爆)

昨年末から、自転車に熱中人

さらにそこへ、しばらくお休みしていた望遠鏡熱が発症...。 なのでウクレレまで目が行かずに症状は鎮静。

建国記念日には、新しい望遠鏡が届きました。
 
パーツがひとつひとつ箱入りで、まるでおもちゃ箱。ユーザーの好みによってパーツを選りすぐりアッセンブルする事で様々なニーズに対応できるのがキャッチーな望遠鏡で、何となくプラモデル感覚。

箱をひとつひとつ開けながら、組み上げました。

100211-01.jpg

できあがり、、、、、ながっ!
 
望遠鏡でありながら、カメラの超望遠レンズにも早変わりできる望遠鏡です。
これなら簡単にお月様の写真も撮れそうです。APSサイズ換算で735mmの超望遠なので、50mmレンズをつけた35mm判カメラの画角の15倍ちかい拡大撮影が出来るとか、、、、

季節の花々や、動物なんかも、ぐぐっと近くに寄せて撮れそうです。
春よ来い、早く来い、、、、、って感じです。

今年の冬は暖冬なんかじゃないじゃない、、、ブル、ブル、、、、もう冬はいいよ〜(笑)
 

posted by lelelenole at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

ラジオボイスなウクレレ

100204-01.jpg
 
久しぶりに、Lauke君を取り出してみた。

相変わらずLow-Gのままで、数曲...

ん?

しばらく弾いていなかった性もあって、ハワイアンボディや標準的なひょうたん型のウクレレとちょっと音質が違うのがよく分った。

このウクレレマーチンタイプのひょうたん型よりも横幅がスリムで肩口とヒップの横幅が狭い。そのままじゃ音量が下がるからと言うので(?)、ボディーの厚み(深さ)は逆に一般的なソプラノよりも深くなっています。

ウクレレをたくさん触って、リポートしている方のブログで、このウクレレの音質を”ラジオボイスのような...”と書かれていました。 当時はその表現にピンと来ませんでしたが、今日は何かよく分りましたね。

このウクレレ、小さいボディーなのにかなり音量があるのですが、その音量に隠れて(?)確かにラジオのチューニングの間にあるヒスノイズ(サー....という音)のような音質が乗っかっているような気がします。 それはまるで50年代60年代のハワイのラジオ局から聞こえるウクレレの音のような?、、、(聞いた事無いけど...笑)

ボディの横幅(くびれ部と上下のひょうたん部の差が少ない)が狭く、逆に厚みの深い、独特なシェイプから出てくる音は、標準的な音質よりも何となく違うのが分ってきました。

時間をかけて、付き合ってみると、だんだん小さな特徴も見えてきますね...
 
立春を過ぎましたが、この冬最高の寒波の続く朝、いかにも冬の光のような青い空気の中に写ったLauke君、、、、なかなかクールです(爆)
 
posted by lelelenole at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介・LAuke SP-100SR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

冬のカサカサ、チクチク対策は?

100202-01.jpg
 
冬は人間でも肌荒れが気になりますね。男性など、夏は油ぎらぎら、冬はかさかさ、、、って、もう一年中肌荒れにつきまとわれますよ。
 
それは、やっぱり木製楽器にも言えるでしょうか。

ウクレレの中に、冬の乾燥時期を迎えて、フレットのバリが気になる物が出てきました。写真はあまりバリを感じないウクレレですが、注意してみると、、、、、

フレットの端を丸く仕上げてあります。

100202-02.jpg

こちらは、ちょっとバリバリ、カサカサがきになるウクレレ君

フレットの端を見てみると、、、、斜めにテーパーがかけられていますが上のウクレレのように丸く仕上がっておらず、ちょっとするどい感じ。 原因はここですね。

フレットの打ち込み仕上げで、指板への左右幅一杯にフレットを打ち込むタイプとフレットの端が隠れるように装飾された2つのタイプがあります。 多くのウクレレは前者で一部の高級ウクレレやコアロハなどは後者のタイプですね。

後者の場合は、フレットの金属の端が指板幅よりすこし内側に仕上がりますからまず問題は少ないように思います。(端の研磨が荒いとダメですが)
 
問題は前者のタイプで、金属であるフレットの端の処理が鋭角なモノは多かれ少なかれ指板の乾燥などで端が指に当たるようになってきますね。 本当は写真上のように一本一本のフレットの端を丁寧に丸く仕上げてやれば問題は解消しますが、ちょっと面倒。
 
そこで、今回は1200番くらいの微粒子のサンドペーパーでそっと気になる部分だけ研磨しました。あまり指板を削らないように、なぜるように....。 これでも、効果はありましたよ。 その後あまり気にならなくなっています。

最近の部屋の湿度は40〜45%ほどです。指板のコンディションは難しいですね。 冬場はレモンオイルなどで保湿に気を配る事が必要のようですし、あまり乾燥させないように注意しないと、、、、。
 
ただし、鳴りは素晴らしいですね。こんなに鳴るんだってくらい響いてくれます。 一年中こんなふうに鳴ってくれると良いんですけどね(笑)
 
 
posted by lelelenole at 10:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ウクレレコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。