2010年01月27日

オーボエとウクレレ

100127-01.jpg
 
昨年久しぶりに同窓会で再会した同級生が、20年来オーボエをやっているという。

お医者さんなので、病院や医大のオーケストラに参加して年に何度か演奏会にも出ているという。

で、オーボエを検索してみた。

かなり難しい楽器のようだ。吹き口(リード)は消耗品で(?)自分でひとつひとつ製作するのだそうだ。そのリード作りにも個性が出てその人なりの音になるらしい。
 
100127-02.jpg年末の同級生との忘年会にウクレレを持参して酔っぱらった勢いで何曲か弾いたら、彼がよろこんでぜひ音楽部を作ろうと言う。(すでに彼とともに他の同級生仲間たちとは、自転車部をつくって週末サイクリングを楽しんでいる)

彼は20年来、オーボエの師匠に付いているのだという。ぼくのお遊びのようなギター・ウクレレレッスンと比べるとたいぶ本格的だ。 さて、さて、口約束で『いいね!やろうよ、音楽部!!』って答えちゃったけど、さてさて、どんなアンサンブルになるのかな(笑)
 
でも、楽器の音が重なるってのはなかなか楽しい事だからね。やってみますか(爆)
 
しかし、オーボエの姿はまるで”2001年宇宙の旅”に出てくる宇宙船のようなメカニカルさですね。これ金管楽器かと思ったら、なんと木管楽器なんですって! こちらの写真なら杢目が見えて本体が木管だと言う事がよく分りますけど、、、、

100127-03.jpg
 
オーボエって、木工楽器と金管楽器のハイブリッド楽器のようですね。 一見した感じ、すごい、かっこいい! でも、とても難しい楽器なんですね。。。
友人との音合わせが楽しみになってきました....。
 
posted by lelelenole at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

ペグドライバー

100122-04.jpg
 
秋を過ぎていま冬の真っ盛り(笑)

久しぶりに弾くウクレレをチューニングするとペグがゆるくなっているウクレレが結構ある。

ヘッドの木が冬に痩せるのかな(爆)
それともペグの金属と木の摩擦力が乾燥とかで変わるのかな??

とにかくペグのしまり具合を調節してやらなければ...

そこで便利なのが、ペグドライバー

普通のドライバーでも良いんだけど、何となく短いペグドライバー(専用工具)の方が使いやすい。
長いドライバーだとペグのプラスネジをなめてしまったり、ねじ山を外してドライバーの先でヘッドの裏側を傷つけそうになったり、、、、。

ひとつ買ってあったFamouseのペグドライバーが廃盤になってしまったのか(再生産の予定が未定とかで...)新しいペグドライバーが市場に出ているのを見つけて、あまりに安いので色違いを3色(イエロー、クリアー、ブラック)を買った。
http://gakki-de-genki.com/shopdetail/010025000022/

フェイマスのドライバーはキャップがゆるめですぐになくしてしまいそうだが、あたらしい方は逆にきついくらいで外すのが大変なほど。 このあたりはクレームに応じて改良したのかもしれないですけど、、、ちょっときつ過ぎます(笑)

ま、でも、安いから許します(爆)
ペグタイプのウクレレのケースには1個ずつ入れておきたいくらいです。

ただネジを締めるだけなんですけど、、、、やっぱり、楽器には楽器専用の工具の方が具合がよいようですね。
 
100122-05.jpg

ところで今週は新月から二日月、三日月がきれいでした。。。。
夕方仕事を一段落した後に窓を眺めると西空にきれいな地球照を見せたお月様が輝いていました。
地平線の向こう側(昼間の部分)の地球に反射した光が月の陰の部分を照らし出してうっすら見える地球照のお月様は神秘的です。

今度(来月)の二日月、三日月の時はぜひ注目して見てみてください。出来れば双眼鏡や望遠鏡で見るともっと感動しますよ。

あっと、、、三日月以上を過ぎると地球照は見えなくなります。昼間の部分の地球と月の見える角度が深くなって地球の反射光が月に当たっても地上からは見えにくくなるからですね。
そんな仕組みを考えるだけでも不思議でしょう?
 
夏の夕暮れの月夜とウクレレの音色ならイメージに合いますが、冬じゃねぇ...
でも、月が天空高く昇り凛として煌々と輝く季節は冬なんですよ(笑)
  
posted by lelelenole at 17:58| Comment(4) | TrackBack(0) | ウクレレの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

ASTURIAS Sop Koa12弦を交換

100118-01.jpg
 
購入後数ヶ月たった、ASTURIAS Sop Koa12だが、やっぱり張ってあるナイロン弦に??な気がしていた。

太い、固い、減衰感が?、、、、、。

この弦は何かな?......たぶんghsかな。つるつるピカピカのブラックナイロン弦。

冬場なので気温が低くで、余計に固くなっている感じがするけど、減衰音も何となく粒がそろわない感じがしていたので、同じブラックナイロンだけど、hiro弦に変えてみた。hiro弦は一昨年秋に買ったT's SD-100に張ってあったやつだけで、買ってすぐにワース弦に張りかえたために保存しておいた。

展示中に張ってあったhiro弦だけに、ひととおり弦伸びが終わっているようで、張りかえて短時間で音質が安定してきている。

結果は、、、、、、  全然良い!

前の弦より細目だし、柔らかめだし、音の減衰感がそろっていて、弾いていて気持ちよい。
ナイロンウクレレ弦は、その昔、、、、今より品質が安定していなかった時、伸びや、耐久性を持たせるために今より仕上げが太かったんじゃないかって気がする。

それが現代の技術の進歩や原料の進歩で(?)ナイロン弦も細めで耐久性に不安が無くなってきた?
hiro弦はそんな意味で、昔のブラックナイロンよりやや細目で、品質的にもすぐれているかもしれないね...。

うん、しばらくこれでいきましょ!!(笑)
 
posted by lelelenole at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介・ASTURIAS Sop Koa12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

レパートリーを増やそう!

100108-03.jpg
 
先月下旬に引いた扁桃炎がこじれて、気管支炎のようになり、この2週間満足にウクレレも弾いていませんでしたよ。

その性か、何となく指先もぎこちなく、、、、、

それでもクリスマスの時は、家族の前で”ジングルベル”、”聖夜”を演奏して自己満足に浸っていました(笑)

新年になって、いつまでもクリスマスソングを弾いているのもなんですから、そろそろ新しい曲を増やさないといけませんね。。。。

先週から”亜麻色の髪の乙女”を練習しています。

我々の世代には定番中の定番ですね。しかし、歳のせいかなかなか暗譜ができません(爆)
まぁ、あせらず繰り返し練習すれば指が覚えてくれるので、気長にやりましょう。

ひさしぶりに弾くミニテナーはさすがにテンションが高めです。しかもブラックナイロンだし余計かな。
やっぱり柔らかいテンションのオイハタ弦に交換しようかなぁ、、、、でも、このブラックナイロン(ヒロ弦)はT’sとの相性が良くてウクレレらしい音が魅力、、、、どうしようかなぁ。。。。
 
posted by lelelenole at 09:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 紹介・T's MT-720pf | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。