2008年07月31日

2本目のウクレレは?

fujigen.jpg

これ、欲しいなぁ。。。。
ハワイアンコア単板を使用の日本製ウクレレ。

ギターで有名な、フジゲンの製作。
装飾も豪華で、いいよね。

で、

kamaka.jpg

こっちはメイドイン・ハワイの有名なKamaka
仕上げは素朴で、まんまウクレレ...って感じが強く伝わってくる。
へたな装飾なら、コッチの方が潔くて、いいかも。

で、どっちもコンサートサイズ。

標準はソプラノサイズなんだろうけど、男としては手の小さい僕でさえソプラノウクレレのフレット間は短いんだなぁ。
ウクレレは、ネックも細いし。

迷うよなぁ〜

おっと、その前に軍資金を捻出するところから始めないと。。。。
ウクレレって、小さな楽器の割に、すこし良いものは高いね。
数千円のウクレレは、何となくおもちゃって...てのは分かるけど、ちょと評価の高いウクレレは、10万円超えは当たり前みたい。

ギターと比べちゃいけないのだろうけど、使用する木材や、工程はギターの方が多いと思うのにねぇ。。。
posted by lelelenole at 12:58| Comment(0) | ウクレレの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

高木ブーさん〜占部ウクレレ

図書館で借りた「高木ブーの楽しくウクレレ」という本も読んでいました。
この中で、横浜のビックバンドのディレクターの方がビッグバンドにウクレレを採用して話題を得ているトピックスがあります。

そのビッグバンドのディレクターがお奨めしていたのが京都にある"占部ウクレレ"です。
ウクレレを純粋に楽器としての機能を考えた時に正確な音程(フレット)を作り出せているのはハワイ産よりも、国内の製作者のウクレレの方が優れているとか。

数千円程度のおもちゃのウクレレでは、最初にチューニングをしても1曲弾くうちに、音程が変わります。
これは、糸巻き(ペグ:チューニングマシン)の精度の悪さですが、これを世界的メーカーのゴトー製のペグに交換しても、ボディーやネックの精度、そして一番大切なフレット精度の出ていないウクレレでは、正確にチューニングが可能な管楽器と一緒に演奏できないんだそうです。
(横浜のウクレレをビッグバンドに取り入れたディレクターの話)

確かにね〜。

ウクレレって、ハワイの民族楽器みたいな雰囲気もあるものね。。。。
それを日本のギタービルダーやメーカーが作るとさらに正確な楽器として作れる訳か......。

もっとも、マーチンやギブソンもウクレレ作ってるんですが、価格が高すぎるしね。
マーチンの5Kとかいうウクレレ、、、いくらすると思いますか〜?







正解:70万円 です。

どひゃ〜、、、、でしょ?!

で、話を戻して、出来が良いといわれる国産の"占部ウクレレ"では、ウクレレの定番のハワイアンコア材はあまり使わないらしい。
コア材自体が貴重な木材で高額と言う事もあるし、音の良さならギターなどにも使われる他の木材の方が使いやすいらしい。

その占部ウクレレ、、、確かに作りも丁寧で、評価も高い。。。。
http://www.urabe-strings.com/
urabe_web.jpg

で、価格は.....15万円〜、、、、ふぅ〜、なるほどね。
70万じゃどうにもならないけど、15万程度なら、何とか使用って気になる値段だよね(爆)

小さくて、可愛い楽器のウクレレ。
でも、その代価は、おもちゃのような数千円台から100万円近く、、、、ちょっと怖いなぁ!!


posted by lelelenole at 13:29| Comment(0) | ウクレレの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

夏だし、ウクレレってどうよ?

夏だ!ハワイアンだ!ウクレレだ、、、、、。みたいな?

オヤジのなんちゃってギター道楽さんのブログでちょいと、ウクレレの記事を見たら興味がわきあがってしまった。
そう、何を隠そう僕のギターのルーツは小学生のときのウクレレでした。
で、今物色しているのがこれ。
ukrere.jpg

FamousのFS-5
(実売2万円強)
ハワイアンコア材(合板)
ゴトーウクレレ用Bペグ使用

FS8
上級のFS-8
(実売3万円弱)
ハワイアンコア材
アルミ製ギアペグ使用


FS-5のほうが15フレットで、FS-8のほうが17フレット。入門者は10フレット以上は使うことはないのだろうに、悩んだりしてます(爆)


日本産のウクレレの老舗・FAMOUSの入門用中級モデル(かな?)です。ともにラミネートコア(合板)ですが、国産で丁寧なつくりには定評があるようです。

40年前に親にせがんで買ってもらったウクレレも、もしかしたらFAMOUSのものだったかもしれないので、なんとなくひきつけれれるものがあります。

ハワイ産もどきの海外産(中国製など)のものに目を向けると、国産に比べてお安いものがある反面、仕上げや品質にムラがあるような評を目にしますね。

Famousウクレレ(キワヤ商会)
http://www.kiwaya.com/

ウクレレメーカー
http://koakoa.com/brands/

ウクレレ総合情報サイト・ウクレレ 3CodesKing
http://ukulele.hayashiwebsite.nobody.jp/

the call of ukulele 「ウクレレコールズ」
http://www.cscreate.net/ukecalls/

Ukulele GANGAN - Ukulele & Hawaiian Site
http://www.hamo.jp/uku/

で、今回はじめてウクレレには4つのサイズがあることを知ったようなド素人ぶりなんですが、一つ大きめなサイズの”コンサートタイプ”が取り回しやすいのかなぁ。。。。なんて思ったりしてます。

でもやっぱり、入門はソプラノサイズなんでしょうか??

〜〜〜〜悩むな〜〜〜〜



posted by lelelenole at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。